2015_02
06
(Fri)09:23

ペース配分

おはようございます 紫苑です

昨日は雪もふらず若迎えの20:00頃は
雨もやんでいましたね

今朝はお天気ですが
モヤがかかっていて富士山はきれいにみえませんでした

昨日は体調もいまいちだったので
痛み止め系の薬ものみ
ぼぉ~っとしながら仕事をし、家に帰って
若迎えまでビデオ見ながら半寝状態でした

ちょいとラブさんで狩りして日課の夜明け後
お疲れモードの若も寝る!というので
早めに寝ました
寝るときに
ふとんあっためる目的で
布団乾燥機をしかけるのですが
この頃は若が仕掛けてくれるので
すっかりのっかってます

遠い昔より(高校生くらいからかな・・・)
実家でも寝る前に母親が兄弟の布団を順番に乾燥機かけてくれていたり
学校出てから夜遊んで帰った時も
布団乾燥機がしかけられているベットにもぐりこみ
「かあさんありっと」と思いながら寝たもんでした
まぁ雪国の冬でどんだけ天気良くても
外に布団を干すなんて考えられませんしね
電気毛布とか電気アンカなんかもあったけど
寝るときあったかくそのあとは自力で温めるってことで
乾燥機が一番お気に入りです
若には暑すぎると不評ですが
べっとの半分紫苑の部分だけなので、我慢してもらってます。

とてつもない寒がりなので
会社でも足元ストーブは許可してもらってます

今、地元の仲間より
「梵天」のお手伝い募集のメールが回ってきました
もちろんこっちにいては帰れるわけないのに
とりまたまに回ってくる「同窓会メンバーの会」のお知らせは
「地元」を感じさせてくれるのでうれしいです。

うちの地元では
小正月の行事として
「かまくら」や「梵天」なんかがあります

横手の小正月行事

かまくら112yokotezyo_kamakura1

かまくらは水神様を祭ってます

ぼんでん奉納bonden2

梵天は山の神様に奉納するのです
山の神様は女子なので
男子がつっこむ・・・って感じかな
奉納の仲間には、女子は入れてもらえません

各地方によって梵天には種類があるみたいです
うちの地元は「コンクール」もあるのです
あたまの上のかざりのコンクールです
札幌の雪像とか、世風を反映した羽子板や雛人形みたいに
流行ったもの有名なものとかが
毎年作成されます

両方とも小学校の時は「絵画」の題材になるポピュラーなお祭りです

今年は平日2/16~17日が日程だそうで、なかなか人が集まらないみたいですね
紫苑ももちろん欠席です

千葉に来る年かな・・・
ちょうど休みと重なり仕事仲間と山の上の
神社まで「ミニスカート」「ロングブーツ」ってアホな恰好でついていったことがありましたね
遭難しそうでしたヾ(;´▽`A``アセアセ
弟が出ていたのですが、まぁ・・・あきれていましたが
止めても言うことをきかないだろうし「気をつけろよ」とか
「○○町内のやつは気を付けろ」とか注意をいただいた記憶がありますw
楽しかったなぁ~っと
こんな時はやっぱ
「男」に生まれたかったですね

夏の祭りもそうです・・・

神様は神聖なものだから「おんなはきたないからさわっちゃだめ」と
だいたいのお祭りには出してもらえませんでしたね
山の神様も女だから山に登ると神様がやきもちやいて危険な目に合うからだめ!
っと・・・ばあちゃんに言われたもんでした・・・
理不尽だ!納得いかん!!と反抗したのも今は昔・・・

今じゃなんもそんなことなしになってるっぽいですね
もちろん
こっちにきて神輿担がせていただいているし!
時代の変わり目を感じます!

いかった・・・間に合ってってとこですねw

おっと
メールにてちょいと方向がずれてしまった

まぁいいかw

TWもリアルや感情と折り合いつけて
バランスよくですねw
使命感とかやらされてる感たっぷりな
イベントの後は
いつも「もうやりたくない」感が生まれるので
ちょいとのんびりです

狩りをしないとレベルも上がらないのでw
紫維華を270歳に!
ラブさんはちょいちょいがんばってカンストを目指す!ですねw

ほんでは!
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック