2014_01
29
(Wed)12:30

女子が胸キュンすると・・・  冬の思い出

おはようございます
寒いのかあったかいのかわからんけど
冬の天気の良い朝だけ通勤途中にちょいっと見える富士山がきれいだった  紫苑です

今朝めざましTVで
「女子が胸キュンする場面」ということで「スキー場」があげられてた
ほうほう・・・
都会限定だなっと

転んだら助けてくれたとき・・・
紫苑:転ぶ=ださい=はずかしい=他の人の邪魔になる=即逃げ=手助けなぞいらん

リフト降りる時に手を貸してくれる
紫苑:てめぇーらボーダーがのろのろしてっから後ろがつかえるんじゃ!!まともにおりれんならくるな!

彼が滑るのがうまかったとき
紫苑:もうちょっとだよな・・こいつ・・でも下手でもないな・・(ちょい指導でも言うことききそうもないなこいつ)
   一緒にいないときに練習している姿を見る・・・(ほうほうこいつ人の言うこと受け入れるんだ・・)
   身体能力は高いっぽいから結構上手くなった・・・結局キュンとくるより嫉妬
   でもうまいと思うwキレイだし
   
彼が先に降りて下から見守ってくれているとき
紫苑:転んだら助けることができるように、先に行かせる
   みんなを確認してから降りる


紫苑の記憶・・・(けぇちゃん風)

豪雪地帯で産まれ、スポーツまみれ、習い事まみれで育った
幼稚園(まぁ保育園に近いが近所のお寺):オルガン・習字
小学校:ピアノ・習字・年間合唱部に席を置き・春季陸上部・夏期水泳部・秋期陸上部・冬季スキー部、スポーツ少年団といい日曜の朝には卓球もやっていたが朝早すぎてやりとおせず・・、日本舞踊(母親の策略により無理やりに決まってる・・・お茶もお花も母親が指導・・後にお琴習わせれば良かった~とほざく)
小5の時に自宅建て直しの為にピアノをしばらく楽器店に預かってもらったため、練習不足によって、先生に怒られ・・むかついてピアノ辞める(この頃になると「音楽教室から脱出して個人レッスンになってるんだよね)ピアノの替わりに英語塾に行かされる・・・

中学・高校はほぼ習い事はやめ陸上部のみ
    
物心ついた時にはスキーを履いていた
小学校~高校まで普通にスキー授業があり
自宅からガキが歩いていける距離にスキー場があり
兄貴も弟もうまかった
どんくさい兄貴もスキーはうまかった(´~`ヾ) ぽりぽり・・・
でもどんくさいから、高校の時とか大会のたびにどっかにぶつかった・・とかいって
血だらけ・・怪我しまくりで帰ってきたなぁ~メットかぶってるはずなのに頭の怪我・・


あたしのスキーのうまい基準は弟かな
若も少し似ている
兄貴のは完全に普通の山でもポールくぐってる・・・(ホールはありません)

まぁ雪国で育ったとはいえ「スキーできない子」も大勢いるので
雪国出身者がスキー上手いってのは成り立たないね

高校の冬は19:00くらいまで体育館で部活修了してから徒歩で山へ向かい、夜間スキー
この基礎からのビッチリ指導にて結構うまくなった・・と思う
この頃が一番滑れたのだと思う・・・
指導員の男子は・・・帰り送ってくれたりラッキーだったのだが・・・下心があったらしく
告白されて(ヾノ・ω・`)ムリムリ 断って・・・行きづらくなった・・・
まぁシーズン終了まで答えを渋ってガッツリ指導を受けたので、ありがとうでしたw
スタイルもよくイケメンでスキーもうまいし良い感じだったのだけどねw

千葉に来てからも
ほぼ毎年長野やら新潟やら群馬やら福島会津裏磐梯などなど毎年のように行ってたのだけど
若の怪我や仲間の結婚、出産などなどにより
ここ何年かは「温泉旅行」に変更になってスキーしてませんw
たぶん今滑っても、足がガクぶる・・ツリまくり・・ロッジでビール飲んでることでしょうw

思い出
まだ地元にいたころ
何回か若ともスキーに行ったのだけど
その日若は「スノボ」をしたかったらしい・・・
もちろんスノボは二人とも初心者
あたいは買ったばかりのスキーを車に積んだままで・・・
レンタルのボード借りてイザ始動!
もち独学
結構難しいのだ
ちょっくらの坂でお互い練習
ちょいと降りれる、止まれるになったら「リフト行こうと・・」おい逝くぞ!っと

リフト降りてここからがウチラの真髄!
別々の山の斜面へ行く!
一緒に助け合って滑るとありえない!起してもらう・・はぁ~何期待してんのやるならひとりでやれよ
上手くならなきゃやってる意味ねぇべっと
ひたすら個人練習
若が声かけてきた・・そろそろ一緒に滑らない?
紫苑の心:こいつ自分じゃ結構上手くなったと自身つけたな・・ほほほ
紫苑の口:え~大丈夫かなぁ~いいよw次から一緒に滑ろうねw

結構滑れるようになっていましたw
いまだに思います
あたしの方が上手かったとw

個人行動を愛する負けず嫌いの紫苑でしたw

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

姫さんってお嬢様ですか!?
習い事がお嬢様っぽいです・・・!多いし・・・!

リフト降りるときに手貸してもらうほうが降りにくい
と思うんだけど・・・。
スキーは小学生のときに毎年何回も行ってましたけど
今はもう滑れないだろうな・・・。
スキー行った日はだいたいものすごい勢いで落ちる夢を
見ていたのを覚えてますw

2014/01/30 (Thu) 08:50 | 琴里 #- | URL | 編集 | 返信

No title

たまに若に「微妙に箱入りだよね」と馬鹿にされる・・・
今の子達と違って、親が忙しいから手をかけられないので、金で手をかけていたのではないかと思われる・・母親に経済観念がなかったようにも思う(母親が微妙にお嬢様気質でその母親は本物のお嬢様だから・・・)普通の両親が公務員の一般家庭ですw人付き合いがあまりうまくないので、誰かと遊ぶ苦痛を考えると、習い事に行って時間を使うほうが楽だったとも思う・・。

スキーは多分身体が覚えているので、大丈夫と思うよんw
仔馬ちゃんが3歳くらいになったら、トライだなw

2014/01/30 (Thu) 12:09 | 紫苑 #- | URL | 編集 | 返信

No title

ちょいちょいパクられてる!?

昔、私も習い事したいって母に言うと、金かかるんじゃボケ!って子供の頃言われたのを覚えてます…。

スキーとかって雪国でもできない人いるんですね。
うちの友達みんな得意だから、そうなのかと…。

私、高校の修学旅行で足がすくんで動けなくなった恥ずかしい思い出が…。

2014/01/30 (Thu) 18:31 | K #- | URL | 編集 | 返信

No title

けぇちゃん
ちょいちょいパクッてます   ハイ リスペクトってやつですかね
(∀`*ゞ)テヘッ

お金がかかるからダメ・・
とあまり言われたことないかも・・と思いますが、普通の公務員家庭でしたので、本当に母の経済観念の問題だと思います・・・
車も振袖も普通に買ってもらったし・・
おとうさん、おかぁさんありがとう
親孝行の欠片もしてない娘をこれからも愛しててください
あたしは感謝はしてる感じはしてます・・・

2014/01/31 (Fri) 08:09 | 紫苑 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック